パソコンとクラウドの利用

パソコンとクラウドの利用

パソコンとクラウドの利用

従来からあるコンピューターの利用では、パソコン本体にソフトをインストールすることで使用できるようになり、データもパソコンか外部機器に保存して、自分で管理するする必要がありました。ユーザーが用意するのはインターネットへの接続環境だけで、ソフトもデータも接続先のホストコンピューターから呼び出して利用する形態がクライドコンピューティングです。企業が保有しているデータは膨大ですので、その管理の手間が省ける利点があります。

最近始まったサービスではなく、クラウドと認識していないだけでかなり前から個人でも利用しています。ウェブメールがその代表例です。メールソフトの契約やインストールをしなくても、接続先のホストコンピューターにメール本体があるので使用できるわけです。インターネットは生活に欠かせないものになってきていますし、ソフトやデータの肥大化とともに、クラウドの利用は今後更に増えていくのは間違いありません。