パソコンとクラウドの利用

パソコンとクラウドの利用

デジタルデータの販売でクラウドを利用しています

JPEG、PING形式のデジタルデータとなった写真を専門に取り扱って販売をしているサイトではクラウドを利用しています。販売するためのデジタルデータである写真をサーバーに保存をしておきます。そして、ライセンス制のアカウントを発行し、課金をします。ライセンスが発行されたユーザーは常に、サーバーにアクセスができて、必要なデジタルデータをダウンロードして使用することが出来ます。写真の解像度も調整をしてダウンロードをすることが出来ます。

デジタルデータを販売しているサイトのクラウドを利用しているのは、報道機関関係、ニュース関連、学校法人が多い用です。報道関係、ニュース関連であれば、ウェブ上で発信するニュースの記事にイメージ写真として使用するための写真を購入しているようです。学校法人であれば、研究発表、レジュメなどのイメージ写真に使用する写真を購入しているようです。

クラウドを上手に活用することで、1つのコンテンツを複数のコンテンツが存在しているような状況を環境を作り出すことが出来ます。そのため、そのクラウドサービスを利用するユーザーにとっても便利なサービスとなります。