パソコンとクラウドの利用

パソコンとクラウドの利用

経費節減ができることから企業ではクラウド化が進行

日本の企業では、基幹システムや各種の業務ソフトをクラウド化する流れが出てきています。クラウド化はシステムやソフトをデータセンターへ保存をしておき、ネット経由で随時やりとりができる方法となっています。企業では社内システムをクラウド化することで、経費が2割から3割節約することが可能となってくる特徴があります。そのため、クラウド化は従来の大手企業の導入から、今では中小企業まで導入を進めるところが増えてきています。

企業においてクラウド化が進んでいることから、データセンターではサーバーを増強して対応をする動きが出ています。データセンターではサーバー用のスロットを増やして記憶容量を多くしたり、新たにデーターセンターを建設するところまで出ています。また、クラウド化が進むことで、クラウド向けのシステム開発業務を行っている企業では、仕事が急増している状況があります。そのため、クラウド関連のプログラマーの人材不足が起こっています。